保険相談で保険見直しを。大阪【あなたの町の保険屋さん】

News and Topics

  • >
  • News and Topics

歯周病と全身の病気について

2014/11/27

私がお世話になっている歯医者さんです。

お願いしてコラムを書いてもらってます。

 

原文をそのままコピーして掲載します。

歯医者さんのホームページもリンクに貼ってます。

ぜひご覧ください♪

 

 

「歯周病と全身の病気について」

 

皆様こんにちは。大阪市北区南森町のいちき歯科にて勤務しております、

歯科医師の丸野と申します。この度は予防医学という観点から、歯周病と全身疾患の関係について書かせていただきます。歯周病についてのご理解を深めていただき、少しでも皆様の健康に寄与できれば幸いです。

 

歯周病、皆様も日常で耳にすることが多いことと思います。歯周病とは、簡単に言うと細菌によって 歯を支える歯ぐきや骨が壊されていく病気です。厚生労働省の「平成23年患者調査の概況」におきまして、全国の総患者数では「高血圧性疾患」が最多、次いで「糖尿病」、そして「歯周病」が3番目に多いという結果が発表されました。さらに現在、成人の約8割が歯周病に罹っていると報告されています。

 

歯周病は生活習慣病とも言われ、タバコ・ストレス・悪習癖など歯周病を悪化させる因子は様々ですが、その直接の原因となるのは細菌です。近年、歯周病と全身疾患の密接な関係が明らかにされてきました。歯周病の原因菌は、お口から体内に侵入することで、様々な疾患を引き起こします。具体的に歯周病は以下のような病気との関連があるとされています。

 

糖尿病

糖尿病を治療することで歯周病が改善しますが、逆に歯周病を治療する

ことで糖尿病が改善すると言われています。

 

心臓疾患・動脈硬化

歯周病の原因となる細菌の毒素が、血流に乗って血管に作用し動脈硬化 を引き起こします。また、それにより心臓疾患も引き起こすと言われています。

 

肺炎

誤嚥によって歯周病の細菌が肺に入り、肺炎を引き起こします。http://www.hosoi-dental.com/file/spacer.gif

 

低体重児出産・早産

歯周病になると体内に産生される物質が、血流を渡って胎盤に流入し、早 産を引き起こします。

 

その他、骨粗鬆症、腎炎、関節炎、妊娠性の歯周炎などにも関係し、歯周病の予防がそれらの病気の予防にも繋がります。

 

それではいかに歯周病を予防をすればよいでしょうか。最も大切なのは、的確なお口の中の清掃、つまり「自己管理(セルフケア)」です。 それに加え、歯の形や歯並びは人それぞれ異なり、自己管理のみで完全にお口の清掃を行うことは困難です。そのため、自己管理に加えて、専門家による歯石除去や歯面清掃、予防処置を併せて行うことが大切だと考えられます。

 
実際には歯周病の治療は歯科医師や歯科衛生士による歯石除去や歯面清掃 等のプロフェッショナルケアを行うことが歯周病を予防するのに有効であることが、多くの研究から明らかにされています。そのため、検診による早期発見・早期治療に加え、定期的に歯科健康診査・保健指導や予防処置を受ける習慣を確立することが大切です。皆様のご健康を心より願っております。

 

 

丸野友大

page back

tel:090-6915-4888,受付時間

ご相談・お問い合わせ

あなたの町の保険屋さん
〒542-0064
大阪府大阪市中央区上汐
保険相談でお悩みの方や、保険見直しを検討している方は「あなたの町の保険屋さん」にまずはご相談下さい。
ピッタリの保険をご提案致します。
お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせ下さい。
tel:090-6915-4888
mail form
受付時間
9:00~21:00(不定休)
  • blog
  • facebook

PAGE TOP